ML2021_main.jpg

Maika Loubté

Raised in Paris, Hong Kong and now residing in Tokyo, Maika Loubté is consistently exploring both novel and nostalgic music styles. Connecting numerous dots of sound, she creates original yet subconsciously familiar melodies listeners have emotional connections. As a multicultural songwriter, producer and singer, Maika takes in global influences as she experiments with sound using a number of vintage analog synthesizers in her home studio in Tokyo and has collaborated with the likes of Ryan Hemsworth and Miho Hatori. As a performer, she captivates fans with her unique vocals while playing a plethora of electronic instruments on stage at clubs and festivals throughout Japan and Asia. Her music has been featured in campaigns for Mazda, RVCA, and on an original Netflix anime series. On October 20, 2021, Maika released her highly anticipated new album Lucid Dreaming.

Maika Loubté (マイカルブテ)

東京在住のシンガーソングライター/プロデューサー/DJ。

幼少期から10代を日本・パリ・香港で過ごす。高校卒業後、ビンテージアナログシンセサイザーに出会う。先進的なエレクトロニック・ミュージックを基軸としながら、テクスチャーをはぎ取ったオーセンティックな「歌」そのものを重要視している。国内外のアーティストとのコラボレーションやサウンドプロデュース、CMへの楽曲提供、リミックス、ナレーションなど多岐にわたって活動中。2020年10月リリースの「Show Me How」がマツダの新型車「MAZDA MX-30」のテレビCMのコラボ曲として大々的にフィーチャーされ、自身もCMに出演した。

2021年10月20日に最新アルバム『Lucid Dreaming』を発表。2022年1月にはSpotifyのプ

ログラム「SpotifyEQUAL」マンスリーアーティストに選ばれ、New York Times Squareの看板広告を飾った。